猫のこと、手作りのこと、日々のこと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by よ~ぴ~
 
[スポンサー広告
重さ
昨日、母方の祖母が亡くなりました。


だいぶ前から、もう長くないと聞いていました。

痴呆もあったし、歳は90才だったかな?


県外で離れているというのもあって、会うのは何年かに1度ってくらい。

最近は、ずっと入院してたから5月の連休に会いに行ったけど、
それが最後になってしまいました。


もう歳だし、病気だしって、覚悟してたけど、
不思議と涙が出てこない。

蓮を亡くしたときは、あんなに毎日泣いてばかりだったのに。

自分でも、おかしいのかな?と思う。

普通に日常を過ごせるの。

人間の死と動物の死、
もし秤にかけたとしたら普通の人は・・・。






生きているということは、死ぬということ。

命や存在の大きさに、人間だとか動物だとか、
種類は関係ないんだね。






だけど、ばあちゃんごめんね。

涙が出てこない私を許してくれますか?

大事じゃないわけじゃないんだよ、
もう会えないのは悲しいんだよ。

うまくまとめられないけど、なんだかごめんね。




虹の橋のたもとに、キジトラのふわふわの猫がいたら
それが蓮だからね。
きっと駆け寄って来るよ。
あの子は、甘えん坊で、人が大好きだったから。

抱っこして、ふわふわの毛に顔を埋めたら、
今までの痛みや苦しみなんて、すぐ忘れられると思うの。


2人とも、どうか安らかに。




蓮、私がいつか虹の橋へ行く日まで、まだもう少し待っててね。


スポンサーサイト
Posted by よ~ぴ~
comment:0   trackback:0
[日記]  thema:思ったこと・感じたこと - genre:日記
comment
comment posting














 

trackback URL
http://yotyppoyk.blog68.fc2.com/tb.php/28-26166795
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。