猫のこと、手作りのこと、日々のこと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by よ~ぴ~
 
[スポンサー広告
蓮へ
今日は蓮の1歳の誕生日でした。

蓮は、マカロンが来る前にうちにいた子です。

2009年5月25日に、猫伝染性腹膜炎FIPのため天国へ旅立ちました。







蓮は、昨年2008年12月23日に我が家へやって来ました。

ずっと飼いたかったノルウェージャンフォレストキャット。

その日はよく晴れていて、空港までわくわくしながら迎えに行きました。


人が大好きで、甘えん坊で、賢くて、とっても可愛い子でした。







今思えば、体調に影りが出てきたのは3月半ば頃。

新しく切り替えたフードが気に入らないのか、あまり食べてくれませんでした。

それでも元気はあるし、ウェットフードは食べてくれていたので、
いろんなフードを試しながら、様子を見ていました。






元気がなくなり、ウェットもあまり食べなくなってきたのが
5月の連休が明けた14日。

病院へ連れて行くと、
「少し熱っぽいけど、見た目で判断できる病気は特にありません。」
「解熱剤で様子を見るか、心配だったらレントゲンと血液検査をしますか?」
と獣医に言われ、検査をお願いしました。








レントゲンや血液検査の結果から、一番疑われる病気は猫伝染性腹膜炎。

このとき、この恐ろしい病気のことを初めて知りました。

獣医のくれた、病気の説明が書いてある紙に、
発症したら死亡率100%と書いてありました。

ここでの検査だけではまだ断定できず、別の検査機関に委託して、
結果がわかるのは1週間後とのこと。



家に帰り、この病気のことを調べまくり絶望しました。

まだ日本にはワクチンもないなんて・・・。








闘病生活が始まりました。

食欲を出す薬と、猫伝染性腹膜炎にはよく使われるインターフェロンと
ステロイドを処方されていましたが状態はあまり変わらず、
食欲はほとんどなくなっていました。

仕事から帰っては獣医へ連れて行き、注射や新しい薬をもらう毎日でした。









私といえば、毎日泣き暮らしていましたが、同じ病気になっても何年も生きた子
の話を見つけては、効果があったというものを取り寄せたり、
食欲がなくなり体重が減るというのは、それだけ体力も落ちると思い、
栄養豊富なヤギミルクやレバーを与えたり、蓮が好きだったマグロの刺身や馬刺し、
カロリーの高い生クリームなど、何でもいいから食べてくれるものを食べさせようと
闘志を燃やしていました。

私が諦らめたら、生られる時間が短くなる、諦めない、奇跡の子にしてやる!と。




そんな風にちょっと前向きになってきた頃、最初に病院へ行ってから4日後、
検査の結果が来ました。

陽性。









蓮の体重は3.2キロあったものが2.8キロくらいへ減りました。

その頃には自分ではほとんど食べず、嫌われてもいいと、高カロリーの療法食を
シリンジでムリヤリ食べさせていましたが、最初の通院から9日後、
仕事中に何度も様子を見に来ていた旦那さんが来たときには呼吸がおかしく、
すぐに病院へ連れて行きましたが心臓停止の状態。

腹水が胃や肺にまでたまっていたそうです。

様々な治療を試みてくれたようですが、
病院へ着いてから1時間もしないうちに息を引き取りました。

かなり進行が早かったと獣医が言っていました。








なんでうちの子がこんな病気にならなければならないのか。


蓮を飼う決意をしたときから、いつかお別れの日が来ることは
覚悟していました。

でも、こんなに早く来るとは思っていなかった。

もっともっと、一緒にいられると思っていました。

なんて憎い病気なのか。










蓮へ


蓮がいなくなってから、もうすぐ3か月になります。

私は、マカロンのおかげで体調も治ったし、元気になれました。


今、生きていたらどんなだっただろうね?
すごいもふもふだったから暑さにまいってたかな?

どのくらいの大きさで、重さで、ふわふわ具合は?
1歳の誕生日にはキャットタワーを買ってあげようって思ってたんだよ。

今日の日を、どんなに一緒に迎えたかったか。


蓮のことを思って、泣きながらこれを書いていたら、
マカロンが変な顔をして私を見ていました。

マカロンとは、蓮の実家のママのおかげで出会うことができました。

もしかしたら、蓮がそんな風に導いてくれたのかな?


ずっと蓮のことは忘れられないけど、今でもやっぱり涙が出ちゃうけど、
多分きっと大丈夫です。

いつか、虹の橋のたもとで出会えるのかな?

それまで、まだもう少し待っていてね。


                                  ママより








人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Posted by よ~ぴ~
comment:8   trackback:0
[]  thema:ノルウェージャンフォレストキャット - genre:ペット
comment
もうすぐ夏休みが終わっちゃうよ~蓮ちゃんもマカロンちゃんも飼い主さんを守ってくれているんだよ!かわいい映像にキュンッとなりました。
2009/08/17 14:19 | | edit posted by サチ姉
蓮くん、1歳未満だったんですね。
まさかそんな病気になってしまうなんて思ってなかったでしょうに・・・
蓮くんの闘病生活の栄養を考えることにより、よ~ぴ~さんの今の豊富な知識が生まれたんですね。
必死で色んなものを試したんだと思います。
体重がどんどん減っていくときの悲しい気持ち、わかります。

私も以前飼ってた子が病気になり(病名はわかりませんでした)、見る見る体重も減り、食べ物も自分で食べれなくなり、よ~ぴ~さんと同じように
無理やり食べさせていました。
本人は食欲もないし、嫌がられましたが・・・
病気で長く生きられないのを知ってから私も泣く泣く暮らしました。
亡くなったときも、一体いつになれば立ち直れるんだろう・・・というくらい落ち込みました。

それから8ヶ月ほどしてミロと出会いました。
ミロと暮らしてるうちに、前の子の生まれ変わりと思って育ててきました。違うかもしれないけど・・・
前の子との別れも辛いけど、こうして今の子と出会えたということは、偶然のようですが、なにかしらつながりがあるんだと思います。

今では、前の子の分も今の子に尽くしていくのが自分の役目だと思っています。

うちの前の子は14歳で亡くなったので、よ~ぴ~さんの悲しみのほうがもっと辛かっただろうと思います。
これからマカロンくんが幸せに育ってくのが、蓮くんへの恩返しにもなると思います。
2009/08/17 15:23 | | edit posted by ミロタ
サチ姉
おぉ!密かに見に来てくれてたんですね~(>∪<)
ありがと(*^ε^*)チュ〃

ホント・・・夏休み終わっちゃう><
また忙しい毎日が始まりますね。
もっとお休みした~い!!

2009/08/17 17:32 | | edit posted by よ~ぴ~
ミロタさん
暗い内容なのに、読んで下さってありがとうございます。

ミロタさんも、そんな経験をされてたんですね。
あと数日の命だったのなら、強制給餌などしなければよかったと後悔しています。
食べることが命を繋ぐことだと信じて、嫌がる蓮を押さえつけて
ムリヤリに食べさせました。
他にも、ああすればよかったとか、こうすればよかったとか。
だけど、悔いるのはやめます。
蓮と過ごした時間は短かったけど、出会えたことを幸せに思うから。
ミロタさんのおっしゃる通り、蓮の分もマカロンに尽くしていきます。
蓮は優しい子だったので、きっと見守っていてくれていると思います。

マカロンは蓮と同じパパで、ママ違いの子なんです。
ブリーダーさんのご厚意で、我が家へやってきました。
これを書いていて気付いたのですが、マカロンが生まれたのは、
ちょうど蓮の食欲が落ちてきた頃でした。
しかも、売りに出さず、ブリーダーさんの家に残すつもりだった子。
・・・ただの偶然かもしれませんが、運命のように感じてしまいます(;^_^A
きっと何かしら繋がりがあるんですね^^

ミロタさんとミロちゃんのことも、前の猫ちゃんが見ていてくれてますね。
この子達が幸せな毎日を過ごせるように、頑張りましょうね^^
2009/08/17 18:06 | | edit posted by よ~ぴ~
FIP
わが家のメレンゲもFIPで闘病中です。
最初に病院に行ったのが6日前の16日です。
そのまま入院、輸血してなんとか持ち直したものの、
獣医師からは助からなと言われました。

藁をもすがる想いで、FIPの猫をたくさん診ていらっしゃっるという先生のところに行きました。
そこでの死亡率は95%!
5%も望みがあるならなんとしてでもその5%になってやる!
そう思ってがんばっています。

ホントになんでこんな病気があるんだろうって思います。
2009/09/22 23:35 | | edit posted by あび
あびさん
メレンゲ君・・・
私もすごくショックです。

何としてもその5%になってください!
毎日辛い日々を過ごされてると思います。
でも、あびさんが諦めないことが、メレンゲ君の生きる可能性につながると
思います。
メレンゲ君を奇跡の子にしてください。

またメールしますね。
2009/09/23 13:28 | | edit posted by よ~ぴ~
闘病日記
病院の先生の奥さんにも、
「飼い主さんが諦めたら、そこでネコちゃんは終わりですよ」
って言っていただけたので、
5%に入るって信じてがんばります。

今はメレンゲがごはんも食べるようになってきたので、
私たちも少し元気になってきました。

ブログがやっと形になってきたので、
よかったら見に来て下さい♪
2009/09/26 02:34 | | edit posted by あび
あびさん
早速遊びに行きました!
お知らせいただいてありがとうございました^^

食欲が出てくると、少しホっとしますよね(*^ω^*)
ちょっと安心しちゃいました~。
2009/09/26 18:44 | | edit posted by よ~ぴ~
comment posting














 

trackback URL
http://yotyppoyk.blog68.fc2.com/tb.php/71-c628b9e4
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。