猫のこと、手作りのこと、日々のこと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by よ~ぴ~
 
[スポンサー広告
手作りカッテージチーズ
マカロンにカッテージチーズを作ってみました。


市販のカッテージチーズには塩分が含まれるけど、手作りであれば塩分ナシ!


〈材料〉

牛乳  2カップ
酢    大さじ2(レモン汁でもOK)
ガーゼ、又はふきんなど

〈作り方〉

①鍋に牛乳を入れ、かき混ぜながら約60度まで温める。
  60度は指を入れられる程度の熱さ。

②火を止め、酢を入れて全体を混ぜる。

③あら熱をとる。

④水分と豆腐のようなボロボロしたものとに分離したらガーゼにうつす。

⑤ガーゼで包んで絞る。
  一気に絞ると口当たりが悪くなるのでゆっくり絞る。

完成!


じゃんっ!



途中の写真も撮ればよかった(;^_^A

酢を入れた後はすぐには分離しなかったので、大丈夫か?もっと酢を入れるか?
と思いましたが、しばらくするとボロボロができてきました^^

ちゃんと立派なカッテージチーズです。

味もおいしい(>∪<)





問題は食べてくれるかどうかですが・・・



食べた~!!

すっごく嬉しいかも~(≧∇≦)


自分が作ったものを食べてくれるというのは、選び抜いたフードを食べてくれるよりも
嬉しいのかもしれません。

手作りフード、毎日はムリだけど、たまに取り入れてみようかな~♪



マカロンは乳製品は大好きなので、いいおやつができました^^

添加物もなく、余っても人間が普通に食べられるものだし、
一緒に同じものを食べられるなんて・・・ステキ!(*´д`*)


ガーゼで絞るのが少し面倒だけど、とても簡単に作れます。
ぜひぜひお試し下さい(≧ω≦)b




こちらの本に同じ作り方が出ています。
いろんな手作りフードメニューも豊富。
まだ作ったことないけど(´Α`)











人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 食事・栄養へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Posted by よ~ぴ~
comment:5   trackback:0
[手作りフード]  thema:ノルウェージャンフォレストキャット - genre:ペット
comment
チーズ作れるなんてすご~い!ヾ(*´∀`*)ノ゛
マカロン君は乳製品好きなんですね~
ミロには食べさせたことがないかも。
一度食べさせてみたいです。
一緒のもの食べれるってステキですよね(*´∇`*)♪.*:・'゜.
2009/08/26 21:42 | | edit posted by ミロタ
ミロタさん
このチーズはオススメですよ~(*^▽^*)
ぜひ一度お試しを♪
思ったよりも簡単だし、塩分の心配もなく、市販品のように原材料が不安という
こともないですもんね。
そう考えると、毎日のフードも手作りするのがイチバンなのかもしれないですね。
栄養バランスとるのは難しいのかもしれないけど。
2009/08/26 23:31 | | edit posted by よ~ぴ~
はじめまして♪
昨日は、読み逃げしてごめんなさいです。実は、我が家にも連ちゃんとほぼ同じ(2008/8/20)頃に生まれた猫さんが居たんですが 最近、8/17に亡くなってしまい 未だに現実に帰れません・・・ぶらぶらネコさんブログにお邪魔して 心癒しておりましたら 連ちゃん記事をみて そんな病気があるんだ~と ちょっとお邪魔してしまいました。私はまだ、ブログの中で ネコさんが死んだ事は記事に出来なくています。病名は、只今研究所にて調べて頂いているところで まだ、病名もわかりません。
すみません、長くなりましたm..m 今度、猫さんが家に来るような事になりましたら 私も手作りのチーズ作ってあげたいと思います。
ありがとうございました。
2009/08/27 07:13 | | edit posted by 小緋絽
小緋絽さん
はじめまして^^
コメントありがとうございます^^
こちらこそ読み逃げしてました><
申し訳ないです。

小緋絽さんも悲しい出来事があったのですね。
病名もまだわからないような未知の病気だったということですね。
猫の病気は、発症すると致命的なものが多いように思います。
(他の動物のことはよく知りませんが)
私も立ち直るまでにだいぶかかりました。
マカロンが来るまでは、立ち直れる日が来るとも思えませんでした。
もう長く生きられない病気だとわかったときから毎日泣き暮らし、
天国へ旅立ったときは、祖父や祖母が死んだときよりも泣きました。
自分を信じ切って、まっすぐ見つめ返してくれたあの瞳を
もう2度と見ることができないこと。
すり寄ってきたあのぬくもりを、もう感じることが出来ないこと。
ふわふわの身体をぎゅっと抱きしめることが出来ないこと。
大事な子を助けることができなかったこと。
まだ家の中のそこかしこに、あの子の気配を感じてしまうのに、
どうして姿を見せてくれないのか。
あの子がいないだけで、全ての世界が変わってしまいました。
そのくらい、私の中で、小緋絽さんの中で、大きな存在だったんですよね。
ムリに立ち直れるものではありません。
いつか自然と上を向けるまで、きっとネコさんは、いつもいたお気に入りの場所から
小緋絽さんを見てますよ^^
小緋絽さんが元気になっても、きっと側にいてくれてると思います。
ネコさんも、小緋絽さんとずっと一緒にいたかったと思うから。
私たち、きっとネコさんたちに心配かけちゃってるかもしれませんね^^

時間がかかっても、いつか心が癒える日は来ると思います。
それは決して、あの子を忘れるということではなく、私の中に生きていることを
認められたときなのかな・・・と思いました。
私のきっかけは、蓮のブリーダーさんのご厚意でマカロンを譲っていただいたことです。
正直、こんなに早く新しい子を迎えることになるとは思いませんでした。
結構急にバタバタと決まってしまい戸惑いました。
新しく来る子に蓮の姿を重ねてみてしまうだろうと・・・。
だけど、心配しなくても大丈夫でした。
やっぱり誰にも、誰かの代わりはできないんですね。
今も、これを書いていたら少し泣いてしまいました。
蓮は心の中に、マカロンは膝の上に。
どちらも大事な子たちです^^

小緋絽さんがゆっくりでも元気になれますように。
悲しみすぎて、身体をこわしませんように。
ネコさんは、それだけは心配してるかもしれませんね。

よろしかったらまた遊びに来て下さいませ^^
私もハンドメイド大好きです。
なかなか作業が進まないので、ほとんど猫ブログですが(;^_^A
私も遊びに行かせてくださいね~*´∀`)ノ
2009/08/27 22:21 | | edit posted by よ~ぴ~
よ~ぴ~さん ありがとうv-221v-344
2009/08/28 06:38 | | edit posted by 小緋絽
comment posting














 

trackback URL
http://yotyppoyk.blog68.fc2.com/tb.php/81-e6f540e4
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。