猫のこと、手作りのこと、日々のこと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by よ~ぴ~
 
[スポンサー広告
スーパーアイ&スーパープラスアイ
蓮が猫伝染性腹膜炎(FIP)かもしれないとわかったとき、
まさに藁にもすがる思いで購入したのが、スーパーアイとスーパープラスアイです。

スーパーアイは天然酵素100%の液体で、プラスアイと併用することで活性酸素を
除去するとか。

プラスアイはマイナスイオンの液体で、マイナスイオンはラットの細胞で糖尿病を
改善したり、試験管内で人のがん細胞の増殖を抑制するといった結果が
確認されているそうです。
スーパーアイと併用することで活性酸素を除去し、さらに効果が上がります。

動物病院でも使用しているところもあるそうです。

・・・というのはほとんどHPからの引用ですが、自分で効果を感じることはできませんでした。





なかなか高額なこの2つ、それでも使ってみたのは、使用した人の感想で、
猫伝染性腹膜炎や猫エイズ、腎不全、口内炎、神経障害等が改善したという
ものが多数あったから。

病院では、猫伝染性腹膜炎は死亡率100%、私たちにできるのは、
少しでも症状が楽になれるような治療をしてあげるしかない、
ということを言われました。

そんなこと納得できるか!

どうせ死んでしまうなら、どんなものでも、効果がありそうなものは何でも試してやる!
獣医が諦めても、私は諦めない!
私が助ける!

そんな意気込みで取り寄せました。



結果は・・・。


スーパーアイ、スーパープラスアイが効果がない、というよりは、
効果が出るよりも病気の進行が早かったというような印象です。

実際どうなのかはわかりませんけどね。
もっと早くから使っていれば、結果は違っていたかもしれません。



まだ残りがあったので、マカロンの飲み水に混ぜています。

ちなみに、どちらも飲んでみましたが、無味無臭の水の味です。


こういう商品って他にも目にするけど、正直あやしいって思う気持ちもあります(;^_^A

だけど、酵素やマイナスイオンのもたらす効果には納得できるし、
メールでの質問にも迅速に答えてくれたり、扱っている他の商品も良さそう、
何よりコラムを読むと、動物のことを深く理解していることが感じられるので、
またリピートするかもしれません。

スーパーアイ、スーパープラスアイは、普通のアイシリーズよりも濃度が濃く、
なんらかの疾病があるときに向いてるようなので、次回は普通の方かな。



こちらの会社で販売しています。



他にもサプリメントや、オリジン、ネイチャーズロジックのフードも販売しています。
スーパーアイシリーズのページの下~の方にあるコラムは、
メルマガで更新されますが、様々な病気や健康についてが書かれており
勉強になります。















本日のマカロン



買い物から帰ると、必ずエコバッグに入ります・・・。
中身を荒らすということもなく、くつろぐ・・・。

留守番してたからかまって欲しいんだね^^

もうちょっと待っててね~~(>∪<)







ポチポチっとよろしくお願いいたしま~す<(_ _)>

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 食事・栄養へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Posted by よ~ぴ~
comment:2   trackback:0
[猫グッズ]  thema:ペット用品 - genre:ペット
comment
いや~ん、マカロン君エコバックに入っちゃうの~?
かわいい~!(*´∇`*)♪.*:・'゜.
しかも中には買物の品が入ってますよね?
そんなの気にしないでくつろいでるところがまた可愛い(*^m^*)
ママが帰ってきたのがよっぽど嬉しいんですね!

このスーパーアイとスーパープラスアイって
水に混ぜて使うものなんですか?
初めて知りました。
少しでも症状が良くなるのなら・・・と、すがりたくなりますよね。
私はみやこの病気の時に、先生に勧められて舞茸エキスを購入しました。
使用してみて少しは効果あると思ったのですが、やはり病魔には勝てなかったようです。
今でも舞茸のにおいを嗅ぐと、そのエキスのことを思い出します。
もっとネコの医療も進展していくといいですよね。
2009/08/30 11:43 | | edit posted by ミロタ
ミロタさん
エコバッグ、冷蔵庫に食材をしまっている間に、ほぼ毎回入っちゃうんです^^;
肉や魚が入ってたら狙うかもしれないけど、今のところセーフ。
でもマシュマロの袋がガジガジされてました><

スーパーアイとスーパープラスアイは、フードに混ぜてもいいみたいです。
人間が病気になってもそうだけど、治るかもしれないとなれば、
やっぱり何でも手を出してしまいますよね。
それが効かなかったとしても、後で後悔したくないですからね。

舞茸で思い出してしまうのは切ないですね・・・。
ほんと、猫の医療の進歩を切望します。
2009/08/30 18:27 | | edit posted by よ~ぴ~
comment posting














 

trackback URL
http://yotyppoyk.blog68.fc2.com/tb.php/84-0046c125
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。